ストレスからくる心の病【うつ病に立ち向かうための治療】

男性

薬でセロトニンを補う

男の人

世代を重ねる抗うつ薬

うつ病の治療法として第一に挙げられるのは薬物療法です。薬物を使ったうつ病の治療には、抗うつ薬という薬が用いられます。抗うつ薬にはつくられた順番の古いものから順に第1世代、第2世代、第3世代、第4世代のものがあります。最初に製造された抗うつ薬はうつ病の症状を改善する効果が見られたものの強い副作用を伴うものであったため、その後何度も改良を重ねて現在の第4世代に至っています。うつ病患者の脳の中では、神経伝達物質のひとつであるセロトニンが不足していることがわかっています。セロトニンはいったん分泌されたあと脳内で余ってしまった場合に、もとの神経細胞に再び取り込まれるという性質を持っています。そこでセロトニンが持つこの性質を治療に利用できないかということで開発されたのが、選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれる抗うつ薬です。この薬によって余っていたセロトニンが再吸収されず留まることができるので、うつ病患者の気持ちを明るいものに変え前向きにさせるために役立ちます。

副作用は医師に相談を

うつ病の治療薬である抗うつ薬の中には、仕事先などでも必要な場合に飲めるように水がなくても服用できるタイプのものもあります。抗うつ薬を使った治療には副作用があるのではないかと心配する人も多いのですが、たとえば選択的セロトニン再取り込み阻害薬にも複数の種類があり、現在は副作用の少ない薬も開発されています。抗うつ薬による治療で起こりうる副作用には吐き気や下痢、性欲の低下などがあります。病院で治療を受ける場合、継続して通院することがほとんどであるため毎回診察時に症状の変化を正確に医師に伝え、必要ならば薬を変えたり加減したりしてもらうことが大切です。抗うつ薬は使い始めに副作用の出ることが多く、服用を続けていると副作用が軽くなっていくという例も多く見られます。選択的セロトニン再取り込み阻害薬は脳のセロトニン量不足を補う働きをするため、脳がリラックスモードになり眠気をもよおすことがあります。このため、抗うつ薬による治療を受けている間は車を運転する際に注意が必要です。ただしこの薬は人によっては逆に不眠をもたらすこともあるので、事前に医師に相談するのがよいでしょう。